誰もが憧れる小顔になる簡単な方法を知ろう

骨格の流れ

脂肪が多くて顔が大きく見える

皺が気になる

小顔になりたい・・・と、マッサージをしたり、メイクで影を入れてみたり、自分なりの努力をしているという人は多いです。
しかし、小顔はダイエットのように数字では分かりませんし、見た目ですぐに分かるものでもありません。よって、効果が得られにくいのです。
また、顔が大きくて悩んでいるという人も、「顔が大きく見える理由」には、人によって異なります。

例えば、「顔に脂肪が多い」という場合、顔に脂肪が多いと頬が下膨れてしまったり、二重あごができてしまいます。
体が細くても、下膨れや二重あごができていると、アンバランスに見えてしまいます。

このように顔の脂肪が多い場合は、痩身術の「脂肪吸引」がおすすめです。顔は、お尻や太ももなど、体のその他の部分に比べると脂肪が少ないです。
ですから、脂肪吸引の量が少なくて済みます。また、近年は脂肪を吸引するのではなく、脂肪を溶解して小顔にする方法もあります。

今まで脂肪吸引などを行うと、一度に多くの脂肪を吸引しすぎてしまい頬がこけてしまったり不自然な印象になってしまうことがありました。
しかし、近年は脂肪吸引や溶解術などの技術が向上しているため、自然な印象に仕上げることができます。